インナーチャイルドとは

インナーチャイルドは自分の源泉

インナーチャイルド

大人になっても心の奥底には…

自分なりの感性や思い、力をたたえた本来の自分、内なる子供、インナーチャイルドが息づいています。

インナーチャイルドとつながり,本来の望みを活かして生きると

  • 楽で自然体で元気な自分になり
  • 好奇心・やる気が湧き
  • 生きるのが楽しくなり
  • 遊び心と創造性が湧き上がります。


ところが、インナーチャイルドが傷つき、本来の自分らしさを否定していると、様々な問題が起きてきます。

自分らしく生きられないことほど辛くストレスになることはありません。

周りからは問題無く見えても、心に穴があいたようで、出せない自分の思いが溜まり、そのストレスはいつか爆発します。

fear-4750252_640.png
  • 外に爆発すると…
    イライラ、八つ当たり、キレル、いじめ、DVなどにも
  • 内に爆発すると…
    無気力、体の不調、引きこもり、ウツ、自己攻撃などにも

また、心の穴を埋めようと様々な補償行為物、飲食、お金、趣味、仕事、子供、異性などへの執着)にのめり込んだり…

それらは一時的な気休めに過ぎず、決して心の穴は埋まりません

それらの問題行動は,傷ついたインナーチャイルドからのSOSです。

あなたに「気付いて癒してほしい」と訴えているのです。

インナーチャイルドを救ってあげられるのは自分自身です。

auto-vwq3ou.png

その子の気持ちを一番わかって、癒し、幸せにしてあげられるのは、他の誰でもない、あなたです。

今はあなたがその子の親なのです。

その子の望みを満たして、本来の自分らしさを伸び伸び育て直すことができます。

当時は上手く出せなかった思いも、今の自分がしっかり受けとめ、いい形で活かしてあげるのです。

その子が笑顔になった時、
あなた本来のエネルギーと生きる楽しさが自分の中から溢れてくるでしょう。

ありのままの自分を愛してこそ、本当の自信が生まれ、人を本当に愛することもできるでしょう。

激動の時代、自分軸で生きるためにも、インナーチャイルドに会ってみませんか?

※インナーチャイルドについて詳しくは こちら

著書「インナー・チャイルド」

松尾直子著「インナー・チャイルド」講談社 もどうぞ

自分で癒すイメージワークCD「インナー・チャイルド」 もおすすめ

イメージワークでインナーチャイルドに会った感想

● 涙が止まりませんでした。 気づいていたような気もしますが、私の中でずっとしこりになっていたものが解放された気がします。もっと自分を大切にしていいんだってこと、無理をしないで頑張らないで、そのままでいいんだってことを感じ、肩の力が軽くなった感じです。そのままの自分でいられることが本当に素晴らしいんだと、痛感させられました。

● この場に来れたことが、まず、変われる(自分を好きになる)ことへの第一歩となりました。イメージして深いところへ行くと、出したことのないような涙が落ちました。きっと苦しかったと言えなかった自分が泣いたのかな。もっと目と心を向けてあげたいと思います。過去の自分を守ってあげられるのは、今の自分です。「自分がどうしたいか」を自分に遠慮せずに言えるようになっていきたいです。どうもありがとうございました。

● 自分自身が好きではなかったが、今日、インナーチャイルドに会えて、初めて子供の頃の思いに気付いてあげることができた。初めて自分を愛おしく思えた。今までよく頑張ってきたね・・・と思った。スッキリした気分になれた。

● 自分では普段気が付けなかった気持ちが、少しずつ思い出されてきました。イメージワークでは、考えもしなかった忘れていた場面が浮かんできて、自分はこんなことを求めていたのかと意外でした。悩みの根底はどんな事なのか、はっきりと見えた様に思います。自分の隠れた気持ちを確認できた事で、心が温かくなりました。ありがとうございました。

● 昔から、自分はどうしてこうなったんだろうと考えることも多く、様々な本を読んだり、話を聞いてきました。セミナーを受けて、自分が本当に受けとめてほしかったことがわかり、驚きました。というのも、自分が認識していたことと違っていたので。小さな自分に会え、抱きしめてあげることができて、本当に良かった。ありがとう、と今素直に言えます。 当時の自分を好きになれました。ありがとうございました。

● 映像として覚えていた記憶が、どうして覚えていたのか、今日よくわかりました。良い思い出なのか、悪いのか、漠然としていました…イメージワークをすることで、自分で押し込めていた、がまんしていた感情が、あふれ出てきました。そんな感情を持ち続けてきた自分に向き合うことができ、それを受け入れることができました。何故か涙があふれてきて、やっている間中泣いてしまいました。自分の中に眠っていた感情を感じ、再認識することができました。

● 忘れていた描いた絵、泣いた日、ベッド、枕まで思い出しました。気付いていなかった気持ちを思い出しました。驚きました。その時の自分に会えました。

● イメージワークはとても心地良く、私の心の引っかかりは、ほんのささいな事なんだとだんだん分かってきて、それを感じていくと涙も出てきて、とても分かったような、気持ちが楽になり心地良かったです。素直にこうありたいという自分でいたいと思いました。

●今まで我慢しあきらめるというパターンを身につけてしまっていたことに気付き、小さい頃、「かわいいね」といってスキンシップを通して愛情を感じたかった自分を見つけ、抱っこして優しくタッチしながら「かわいいね」と言ってあげました。かわいがられたい、愛情が欲しい根っこに気付きました。

● もっと早くにインナーチャイルドに会ってあげたかった…って思います。でも、自分自身、思い出したくなかったことなので、ここまで引き延ばしてしまったのかもしれません。でも、一番会いたかったインナーチャイルドを抱きしめてあげることができて、すっきりした気がします。

● 自分でも忘れていた記憶が次々と出てきて涙が止まりませんでした。とても不思議で、初めての体験です。心があたたかくなりました。

● イメージワークで出会った子供の私は、今の私が問題と思い込んでいる私とは違う、“愛”を求めていました。子供の私は笑顔でいっぱいでした。違う自分が見えてきたかな~?

● 子供の頃のイヤだった事、親のことでイヤだった事、細かな事は色々考えれば考えるほど出てくるのですが、イメージワークをして、結局は、ただ私の事を見てくれてそばにいてほしかったというのが大きかったんだなと気付けて良かったです。

● スッキリしました。その頃の自分だけでなく、その当時の父や母も一緒に抱きしめてあげました。まだまだインナーチャイルドはいるような気がしますが、時間をみつけてやってみたいです。夫や両親にも優しく接することができそうです。

● 自分の子供に対しての接し方と、自分が両親から受けた接し方は、全く違うと思っていましたが、辛くなった時の姿は、実は、母が辛くて怒っていた時の姿にそっくりだと今さら気づき、ドキリとしました。心に手を当てて、ゆったりと子供の心に向き合いたいと思いました。


a:167 t:1 y:2